食べ物と便秘の関係

便秘は、食べるものによって引き起こされると思われがちです。それは間違ってはいませんが、本質的な部分はもっと体の内部の方にあります。便秘は主に、「機能性」…体の機能的な問題によって引き起こされるものと、「器質性」…何らかの病気等が原因で引き起こされるものがあります。

例えば、便は水分を多く含んでいればいるほど排出されやすくなりますが、固くなってしまう原因の一つに水分の摂取が不十分であることが挙げられます。これも、機能性便秘の原因となります。また、精神的な事柄も関係しており、ストレスによる便秘、または下痢も伴う『過敏性腸症候群』を発症することもあります。こういった事柄は、主に生活習慣によって引き起こされることが多く、ストレスが多い環境で生活していることも影響します。

ですから、便秘を解決使用と思ったら何よりもまず生活習慣…特に普段何気なく行っている食生活から改善しなければなりません。これには、肉を中心とした食事を摂取することから、もちろん野菜だけの食事ではなく、それらをバランス良く摂取できるような食生活に変化させること、それに、腸内環境を改善させる効果を期待できる成分を含んだものを取り入れることが含まれます。